「フィンランドのくらしとデザイン展への招待」

20日から始まっている「フィンランドのくらしとデザイン展」のプレ・イベントに、わたしくも行ってまいりました!
 


会場にはイーッタラ、ムーミン、マリメッコ、アルテックなどの商品の他に、ヴィンテージものもあり、どれも見ていてうっとり
 

食品のコーナーにはKultasuklaaも
たくさん皆さんにご購入いただいておりました。 

ミント・ホワイト・チョコレートが若干多く残っておりましたが、よくあるミント・チョコとは違って、ホワイト・チョコとミントが絶妙に混ざって食べやすいと思いますので、これから行かれる方はぜひお試しください

 

会場奥では、イベントスペースがあって、行った時はフィンランドの魅力について紹介されていました。その後用事があったので、次のフィンランド語講座も参加できなかったのがちょっと残念。でも素敵なイベントでした! 本展は東京がないんですね・・・・。どこかの場所で見れるといいのですが。



大使館ツイッターにKultasuklaa!!

 昨日フィンランド大使館のツイッターでKultasuklaaを取り上げられました!
『Nami namiなみなみ!』とのフィンランド語、いただきました!!

以前にもツイッターではご紹介しておりますが、「まずいお菓子」との異名を持つサルミアッキ。
筆者本人もサルミアッキだけでは  ちょーっと食べられません・・・・。
しかしながら、Kultasuklaaの場合、サルミアッキ・フレークで、チョコレートに散りばめられているため、しょっぱさと、甘さが絶妙に混ざって『あとをひきます』!
今まで苦手だと思っていた方でも”克服(!?)”できます! 
お勧めの食べ方は「噛んで食べる」。溶かしながら食べるよりは噛んだほうがサルミアッキをあまり感じず、甘さとしょっぱさで楽しめます)

また、サルミアッキをとっかかりに、他のフレーバーもお試しいただければ嬉しいです。

素朴で温かいフィンランドを感じるチョコレート。
ウェブ・サイトではKultasuklaa工場の写真や動画もアップしています(こちらでご覧いただけます!)。
現地の空気を少しでも感じていただければと思います。!!



「-nen」の国の「-sson」

ヘルシンキに初めて行ったときにまず気付いたのが、道の名前や地図、バスの停留所や車内の電光掲示板にフィンランド語とスウェーデン語が併記されていたこと。


Kultasuklaaを訪問時には、タパニ社長の双子ちゃんが学校でスウェーデン語を習い始めた、ということで、フィンランドでのスウェーデン語について聞いてみました
社長が言うには「今日の生活にスウェーデン語は必須ではない。もっとほかの言語の方が役に立つ。」ちなみに社長はドイツ語がお得意です(Kultasuklaaのドイツ語表記は社長が訳しています)。

長い間スウェーデンの支配下にあったことの名残ではないかということは想像できたのですが、こういう話を聞いてちょっと興味があったので、先日「日本担当」のティーアにさらに聞いてみました

           

フィンランドの教育制度は7歳から16歳までの9年間が「basic school」(基礎学校:義務教育でしょうか)で、その後3年間は高校、もしくは職業学校に進学します。高校卒業後は大学、もしくは「polytechnic 」(職業専門学校)等に進みます。スウェーデン語は基礎学校の最後の3年間(日本でいえば中学校ですね)で必須科目として勉強します。
  

多くのフィンランド人は今やスウェーデン語を母国語とするフィンランド人は全体の5%(29万人)しかいないのに、なぜスウェーデン語を勉強しなければならないのか、と思っているそうです。タパニ社長もティーアも日常でスウェーデン語を使わないのであまり話せないそうです(社長においては学生時代に勉強したドイツ語の方がよっぽど使えるとか。確かに)。とは言っても、政府で働く場合、スウェーデン語は重要で、公的機関でもスウェーデン語のスキルを聞かれるようなので、一部ではまだ必要のようです。

先日、「フィンランド人の名前で『-nen』が多い」という大使館のツィッターを拝見しましたが、スウェーデン人は「-sson」が多いですよね。ErikssonとかLaassonとか(ちなみにデンマークだと「-sen」、Andersen、Jacobsenは有名!)。・・・と考えるとムーミンの作者のトーベ・ヤンソンさんはスウェーデン系フィンランド人ってすぐわかりますね。

            


更なる余談ですが、昔、語学学校で イギリス  の苗字について教えてもらったことを思い出しました
英語名では「息子」がつく苗字が多いと。
イングランドは「-son」: 
Johnson、Robinson、Richardson、Williamson
スコットランドは「Mc-」: 
McCartney、McDnald、McNeal、Mcgregor
アイルランドは「O'-」:  
O'Brien、O'Neal、O'Conner、O'Donnell    などなど・・・・
 
北欧の名前も「息子」という意味なのでしょうか? 著名人の名字でその人の国やルーツがわかるのも面白いですね。

サウナのはなし

先日TVで移動式サウナを取り上げていましたね。

フィンランドのサウナ好きはもちろん聞いていましたが、「まさか移動式まであるなんて・・・」と驚いた次第です。そこでフィンランドの気になることをいろいろ教えてもらっているKultasuklaaの「日本担当」の女性(私がいろいろお願いするからか?!、最近彼女に個人アドレスができました)に聞いてみました。
やはり移動式サウナはフィンランド人にとっても珍しいようですが、なんと、Kultasuklaaのスタッフはこの体験をしていました!
2年前のクリスマスパーティにタパニ社長が用意したそうです。
移動サウナはトラクターで引っ張られてきたとか。





  
  *ここは共有かしら?? 
 
 
昔、フィンランド人がより郊外に住んでいたころ、サウナはどこの庭にもあったそうです。そこが唯一体を洗う場所だったということで。
今は1世帯家族住宅、テラス・ハウス(連棟住宅)などには一般的にあるそうですが、フラットなどは必ずはなく、あっても小さく(一人用など)、設置が簡単なものが多いとか。
狭いフラットなどはバスルーム内、家に庭などがあれば庭に設置。新しいフラットなどには初めからサウナが付いているところもあるようですが、古いフラットなどは共有サウナで、居住者が交代で利用しているようです。

サウナ未体験の私には実に興味深いです。昔はバスルームよりサウナとは・・・・、体をこすらず、汗をガッチリ出してそのまま湖に飛び込んでたのでしょうか。1人用のサウナ・・・・なんか昔日本でも一瞬一部で流行ったような・・・・

 

「北欧」コラボで「Valentine」!

巷ではヴァレンタインデー・ギフトでにぎわいはじめていますね

現在弊店で取り扱っている商品はバレンタイン向きの様相ではないかもしれないですが、珍しいフレイバー、親しみやすい味で、「中」はなかなか負けておりません(ややっこしい・・・)。

それでもパッケージは中身を表すべく、素朴で温かい感じになっておりマス!

贈る方に「おお~っ?!」と言っていただける、ちょっと普通と違ったものをお探しの方には是非お勧めしたいチョコレートです!




再三申しあげて恐縮ではございますが・・・・

弊店では単独販売(紙包装は無料です!!)の他に、フィンランド国民御用達の「ロバーツコーヒー」のミニ・サイズが入ったコラボ・ギフト「フィニッシュコーヒー・ブレイク・セット」が販売中。Kultasuklaa、コーヒー双方のおいしさがさらに増します。



 



蒲田の「マルクナーデン」さんではフィンランドの木製カップ「コーサ」、またはスウェーデン「HETTA」のキーホルダーと「コラボ中」です。通常よりもおトクな価格でご購入できる、スペシャル・ギフトになっております。現在こちらでKultasuklaaが試食できますので、お好きなフレイバーを見つけてから購入が可能です(サルミアッキをまだ体験されていない方はこの機会をお見逃しなく)!


フィンランド製の木製カップ「コーサ」とキーホルダー



 

ボックスに入ります(箱代無料!)

「アクアビットジャパン」さんでも購入可能。北欧食材とともにKultasuklaaも!!


 ご検討くださいっ 


Kultasuklaa 商品ページ

アクアビットジャパン(商品ページ)




憧れの人にチョコレートを贈りました!

朝に弱く 、けたたましい音で起きるのが苦手な私は、タイマーセットして  ラジオで起きています。その延長で朝はTVを見ず、ラジオを聞きながら支度をします。ちなみにラジオは、洋楽と英語での放送が多い「InterFM」で、 リスニングの練習も兼ねて聞いています。一時期好きではない番組になったことで  TVに変えたのですが、芸能情報あたりだと動きが止まってしまう自分に気付き、新番組になったときに元に戻しました。現在は  憧れのピーター♪バラカンさんの番組が放送中。イギリス英語もさることながら、日本語の発音もとてもきれいで、また正しく言葉を使われていて(「正しい」というのが適切かは別として、流行りのヘンなイントネーションとか、「真逆」のような新語をあまり使われていない気がします。日本人としては反省すべき点ではあるのですが・・・)、聞いていてとても落ち着きます。朝なので、目覚めるために ドカンとくるような音楽でもいいのですが、どちらかと言えば穏やかに始めたいタイプなので、この番組が長く続いてくれるといいなと思っています。またバラカンさんだけにワールド・ミュージックや新旧の良質な音楽が流れるので、自称「洋楽好き」の範囲がとても狭いことを痛感し、広げるようにしています。「へぇ〜、こんな国の音楽があるんだ」「ふ〜ん、いい曲だな」・・・毎朝頭の中で「へぇ〜」、「ふ〜ん」が飛び交っています。

 年が明けたばかりなのに、去年の話をしてしまいますが、まだ暑さが残るある日、番組でバラカンさんが「チョコレートが好き」と話していたのを聞き、「是非食べてもらわねば」と思い、寒くなってから番組あてに送ってみようと思いました。バラカンさん なので、新しく入れたトフィーと、変わり種のサルミアッキを混ぜて5枚送りました。最近はTV局などに危険物が送られてきたりしているので、突然送ったりしたら処分されてしまうかとも思いましたが、とりあえずお送りして数日後・・・! 

その日は北欧の  ジャズを流していて、「食べてくれているといいな」と思っていたら、「北欧ジャズを流しましたが偶然北欧のチョコレートをもらいました・・・」と取り上げてくれました ! 送ったチョコレートの種類や、輸入した経緯を紹介してくれました。弊店の名前も言っていただいたのですが、本物  は素晴らしいっ!   自分の屋号がとても高貴に聞こえました!! 「甘い」とは言われていましたが、楽しんでいただけたようで、とても嬉しい出来事でした


小分けになっていないので数人で食べるには分けにくいかもしれないのですが、皆で集まってパキパキ割りながらいろいろな味を楽しむのも楽しいかと思います 。今、「Finnish Coffee Break Set 」もできましたので、おいしいロバーツコーヒーでさらにKultasuklaaのおいしさも感じていただけます。バレンタインデーも近づいてきていますので、ぜひ今年はKultasuklaaいかがですか!!







「フィンランド」をあの方に! 「Finnish Coffee Break Set」

 2012年最初のブログです
これまでにこのブログをお読みいただいた方(温かい!)、ありがとうございます
拙い文章ではありますが、クスッ(^_^)と笑えるようなブログになるよう頑張りますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
昨年は特に北日本の方々にとっては大変つらい1年になってしまいましたが、
今年は日本(いや、世界)全体が良い方向に向かってほしいと思います

Crossed Lines としましては、新たな試みとして、「Finnish Coffee Break Set」をご用意しました。 Kultasuklaaをさらにおいしく食べていただくために、あのフィンランドで絶大な人気を誇る「ロバーツコーヒー」をセットにいたしました!!

どのチョコレートもコーヒー、紅茶には合うと思うのですが、Kultasuklaaはハンドメイドで、味も濃い(「すごく甘い」ということではなく・・・)ので、おいしいコーヒーや紅茶と飲まれると、チョコレートと飲み物双方のおいしさがさらに増し、豊かな気持ちになります

実は私はコーヒーがあまり飲めず、紅茶派なのでありますが、ミルクを多めに入れて楽しみました。 以前フィンランドに一緒に行ったコーヒー好きの友人は、その時もちろんお土産に、結構買っていました。

なので、こちらのコーヒーは私みたいに「毎日は飲めないが、たまに飲みたい」という方にもピッタリのサイズとなっております

フレイバーは数ある種類の中から、定番で、どんな場面にも合う「ロバーツスペシャル」と、やや深入りの「フィンランディア」を選びました。「ロバーツスペシャル」は、フィンランドを代表するコーヒーの看板フレイバー、「フィンランディア」はフィンランドを象徴する曲から取られただけあって、フィンランドを感じ取れる味なので、お知り合いや、お友達に「フィンランド」を感じていただけるには最適な贈り物になると思います!! 

詳細はウェブ・サイトで! www.crossed-lines.com/info_1.html




Key Flag

 
Kultasuklaaの右上端についているマークをご存知ですか?

フィンランド製品を購入されたときに見た方もいらっしゃるかと思いますが、「フィンランド製品」であると認められた「Key Flag」というマークです。

「The Association for Finnish Work」が消費者のために、品質に関する条件を設定し、その条件を満たした製品、サービスにこのマークを使用できる認可を与えています。なので、このマークの付いている製品、サービスは国が認めたフィンランド生まれの、質も保証されたものであるということになります。

Kultasuklaaもこのマークを保有しているので、「Made in Finland」です

こういうものがあると国内だけでなく、観光客にとっても分かりやすく、安心して購入できますね


Key Flag


Christmas Presents from Finland

今日Kultasuklaaから  小包が届きました。!
開けてみたら、Kultasuklaaのチョコレート・ボックス、カードとアールトの花瓶が!!




Kultasuklaa(金のチョコレート)らしく「金」色と「チョコレート」色の
シンプルながら印象深いボックス・・・・。





チョコレートは去年もいただいたのですが、Kultasuklaaのチョコレートは見た目よりコッテリしていないので、気がつくと3つぐらい食べてしまいます。
早速、フィンランドの「ロバーツコーヒー」とともに 「Finnish Coffee Break」をいたしました 。気分だけはフィンランド!
 *ちなみにこちらの商品は日本では取り扱っていませんが、ご希望があれば
    ご相談お受けいたします。




イーッタラから来たまさに、「イーッタラ」の花瓶!(?)
改めて見ても独特なフォームですよね。
クルタスクラーはイーッタラにあるイーッタラ・グラス・センター内にあります。









 ヘルシンキからは1時間半ほどで
 行くことができます。

 ちなみに、
 イーッタラ駅は無人駅です ・・・・。

こちら側からは(気に入っていただけてるのか?)おせんべいを送りました。
意外とコーヒーとも結構合いますよね? ・・・・と思って送ったのですが。
実際会って話したり、メールのやり取りをさせてもらっていると、
フィンランド人と日本人は似ているところがあるような気がします。
フィンランドへお出かけの際はイーッタラも訪ねてください。
イーッタラ製品も見た後にはぜひ、クルタスクラーにも寄って、
お店の人ともお話していただきたいです。


北欧市場



Crossed Linesが何かとお世話になっている「マルクナーデン」さんに行ってきました。!

スウェーデンの雑貨を中心に、ムーミン、マリメッコ、フィンレイソンなどのフィンランド製品も集められています。

また、巷で話題のキッチン・ワイプや、北欧のヴィンテージ陶器なども扱われています。

ヨーロッパのヴィンテージに関しては強いので、行くたびに違ったヴィンテージものが入っているかもしれません。お好きな方はオーナーの方にいろいろお話を聞くと楽しいのではないかと思います。





Kultasuklaaも今秋から全てのフレイバーが購入できます。

チラッと横に見えるかと思いますが、スウェーデンの紅茶「Kobbs」もあるので、おうちで"Scandinavian tea break"も楽しめます!



お店の人気はやはりムーミンで、 驚きの販売力だそうです

日本でもかなりの人気と思っていましたが、オーナーによるとヨーロッパ、特に地元フィンランドは半端じゃないようです。

「外国ではキャラクターものは子供が使うもので、大人はあまり使わない」という話を聞いたことがありましたが、ムーミンは別ですね。

12月は贈り物シーズンなので、何にしようか迷っている方は一度行ってみてはいかがでしょうか。


ちなみに18日(日)まで、吉祥寺の「moi」さんで「muovo」も販売されていますので、こちらも候補に入れてください !


グランデュオ蒲田「マルクナーデン」

<< | 2/3PAGES | >>

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ADS











CATEGORIES

ARCHIVES