フィン語レシピで悪戦苦闘のケーキ作り

2007年、 ヘルシンキに旅行した時、 ケーキがとてもおいしく、
甘さの感覚が日本人に似ている !と感じました。
それまでに  フランスや  イタリアにも行ったことがあり、
もちろんおいしいのもありましたが、全体的には甘すぎる印象でした。
また、 パンもおいしかったこともあり、
「きっとお菓子の本に出てくるお菓子も日本人にちょうどいい甘さに違いない」と、
文章が少なめなお菓子本で何とかネット辞書を使って作れるかもしれないと考え、
あのアカデミア書店で1冊購入することにしました。

旅行中に覚えた「ヘイ! 」を使ってフィンランド語の本を
澄まし顔でレジに差し出したものだから、
すごい勢いで  定員さんにフィンランド語で話しかけられてしまいました。
「I cannot understand….」と答えると、定員さんも一瞬「はっ」として、
その後から  英語で応対してくれました。
なんとも、ちょっと恥ずかしい思い出です

帰国後、「さぁ !」と意気込んで  開き、ネット辞書をオープン。
フィンランド語−日本語がなかったので、フィンランド語−英語で。
しかし「Kultasuklaa」のように、単語が二つつながっていたり、
語尾が変化していたりで、わかる単語は飛び飛び。
推測もうまくできず、あっさりギブ・アップ
そして忘却の彼方へ・・・・ 。

                

ところが最近ふと気が付くと、google翻訳が90ヶ国語を利用できるようになり、
単語ではなく文章で訳してくれるので、以前より推測もかなりできるようになっていました。
そこで、再度挑戦することになった次第です(長い前置き)。
それでも拾えない単語があり、正確にいうと、タルトのレシピ本なので、
実際に焼いたのはタルト生地だけなのですが、
その「肝」であるタルト生地の小麦粉の分量を量り間違え、
かなり固く仕上がってしまいました・・・
さらにここまで来るのに、手際の悪さも加わって、4時間くらいかかっちゃいました。

そんなカンダで悪戦苦闘の末、それでも何とか見た目はそこそこに・・・・。
味もそこそこ悪くなく、ある程度はフィンランド  風の味になったと(思いたい!)。

お菓子作りが趣味な方には  鼻で笑っちゃうお話かとは思いますが、
作ることでなんとなくフィンランドへの親しみがさらに深まったような気が・・・・!?
一度作れば、今度はもっと早く作れると。

でもいつ作るのか・・・・。


出来上がりはこんな感じに。
Muovoのキッチン・タオルをマットに。
アクア・ブルーにイチゴの赤が生えてます。



お手本はこちら。
テキストにある落書きに必死さが・・・  。









Muovo 特別強化部長「プチ」裏話

 
ぴのこ:)ぴのこ:)只今行っております、MUOVOのプロモーション。
その特別部長は、わたくしの「甥」でございます。
以前から彼を見ていて、ぶち色 犬 ぶち加減がMUOVOのポップ感と
合うのではないかと思っておりました。
そこで、特別にMUOVOよりファブリックを購入いたしまいて、
お裁縫が苦手ながら 、
試行錯誤の末完成させました

ディテールはさておき、イメージ通り、彼もポップに!シナジー効果!! 
自画自賛、手前味噌、100%「伯母バカ」ではございますが、
ペット好きのみなさまとシェアさせていただければと思い、
部長に任命し、カードも作った次第でございます。

彼は犬でありながら「犬嫌い」。
小さい犬が「キャンチワワキャン」鳴いても素通り、
大きい犬だと及び腰、または避ける。
大きい音(オートバイ バイク とか)が怖くて、
知らない場所だと尻尾がやじるし下がり、
知っている場所だと尻尾がやじるし上がる・・・。

だからお散歩嫌い。
・・・とはいうものの週に何回かはお散歩するけど、
外でトイレもしないし、水も飲まない。
お散歩させる方としてはありがたい 手
しかし、1人で散歩に連れて行こうとするとすぐ帰りたがり、
2人以上で行くと、長時間の散歩もする。
この前父が預かっていた時に、一緒に散歩に行ったら、
やはり遠くまで休むことなくお散歩しました。

その時、大型犬の「3ケ月クン」に遭遇。
(犬に詳しくないので、犬種がわからずスミマセン。)
3ヶ月でも既に彼をはるかに上回る大きさ。
自分は早くその場を去りたいのに、
3ケ月クンは遊びたくて仕方なく、何度となく飛び込んできましたが、
首輪が抜けてしまうほどいやだったようです。
ともかく弱虫であります。
しかしながら、そこまで変な犬だと、かえって愛着がわきます。

 
 散歩    犬   バイク   ぴのこ:)


幾何学模様なのに、なぜかPOPで、元気が出るMUOVOのパターン。
持ち歩き、お部屋、キッチン、どこの場所も元気にします。
部長と同じパターンのポーチ、キッチン・タオル、
新しいICカードのホルダーも入荷しております。
ぜひ、あなたの生活にさらなるアクセントを!

 
MUOVOのページにてお待ちしております!
 ↓    ↓    ↓

 
    
こんなのも作ってみました・・・。
商品に埋もれております。
 


★ちなみにKultasuklaa ページの「リンダ部長」(www.crossed-lines.com/KS_album2.html)も共に許可は得ております(保護者に!)。

World of Himmeli @ Midtown


サントリー美術館と共に開催されているフィンランドの伝統装飾「ヒンメリ」もチェックしました!
東京ミッドタウンの正面から入ると吹き抜けに巨大ヒンメリ。 迫力抜群
吹き抜けを利用した2つの巨大ヒンメリを中心にデザイナーが独自の解釈で制作したヒンメリが1、2Fのフロアに点在しています。



 
各フロアに配されたヒンメリも、通常のちょっとシャープなミッドタウンの雰囲気をさりげなく、柔らかくしています。
   


Muovoも参加。とてもMuovoらしい、おなじみのパターンが作品になってます。


*写真の写りが悪くてすみません
 
 


 
 

巨大ヒンメリは正面、横、下、それぞれの角度から見ても違う印象が楽しめます。

ガラス工芸でもそうですが、ヒンメリも豪華な装飾ではなく、幾何学模様で、「クール」な華やかさを醸し出しています。
伝統からフィニッシュ・デザインの気質を窺えるイベントはクリスマスまで展示中。
「クール」なのに「温かい」ヒンメリの世界。是非体感してください!

                

 

【六本木の後は蒲田でMuovoをチェック

現在、期間限定で古巣グランデュオ蒲田に戻った、「マルクナーデン」さんで、
Muovo販売中!Saleで少しお安くなっています。

こちらも25日まで。是非  この機会にいらしてください!


Very "Muovo" Christmas greetings


Muovoからクリスマス・グリーティングが届きました!



明るく、ポップで楽しくなるメッセージです!


Muovo

弊店のウェブ・サイトにもご紹介していますが、ブログから読んでくださる方のために、「Muovo(ムオボ)」を取り上げたいと思います。

Though they're already introduced on Clossed Lines' website, I'd like to introduce again the designers of Muovo for readers who just bumped into this blog.



「Muovo」のデザイナー、SannaとAnni。二人は学生時代に知り合い、「ワン・シーズンで終わらせない」デザインへの共通の情熱からオフィスを設立し、「サーフェス(表面)・デザイン」を中心に活動しています。

Sanna and Anni: They met during their textile studies and found the same passion for designing things that last a bit longer than one season. Then, they founded the office. They excel at surface design.


Muovoの特徴は何と言ってもカラフルで幾何学的なパターン。そこには 人々の暮らしを「明るく、心地よく」、またその幾何学的パターンには、「人それぞれに解釈を」という思いが込められています。
エコな素材を使って、デザインから完成までの工程を全てフィンランド国内で行っているところにも、長く使うための彼女たちのこだわりが表れています。
オリジナル商品の他に企業向けの販促物や製品のデザインも手掛けています。

Graphical pattern is the feature of Muovo, which can evoke different feelings or memories in each person and brings color and joy to people's homes. All the products are made by ecological materials and manufactured in locally, which conveys passion for longer lasting  products.


2人はとても「フィンランド」。洗練されていて、穏やかで、爽やか - 自分が持っているフィンランドの印象そのもの。Muovoのパターンにも、自然と都会とが共存するヘルシンキ在住の彼女たちの印象と同じものを感じます。皆さんはどういう印象でしょうか・・・・??

They are very "Finland" . Sophisticated, calm and fresh - that is the same as my impression about Finland. There is the same impression from their design as them who live in Helsinki which has both urban and nature sides.


グラフィカルなので、男女ともにいけるデザインです。個人的には女性が持つとクールで、男性が持つといい意味でソフトな(さわやかな)印象があります。ペアで持つのもありです。

Because of graphical pattern, the products can be used for both men and women. I personally feel they give women cool and give men soft (in good meaning or fresh) impression.





*「Hirameki Design Finland」の一環でデザインした作品
Chairs designed by Muovo at the event of "Hirameki Design Finland".


Teppoくん


Teppo(テッポ)くんはMuovoの看板犬

今年Muovoのスタジオを訪ねた時、馴染みない顔に、フィンランド語も話せない怪しい人間  にもかかわらず、フレンドリーに歓迎してもらいました。

英語も結構理解できるようで(?!)、彼とはつたない英語でコミュニケーションをとりました。

「バウバウ」吠えることなく、邪魔することなく。穏やかな愛くるしいワンちゃんでした。飼い主に似るのでしょうか・・・。


Muovoカラーがよく似合うっ! 意識せずしてプロモーション部長!



ちなみに「Teppo」とは古風な男の人の名前だそうで、後で調べたら英語でいう「David」のようです。
フィンランド語の聖書を見ると彼の名前があるのでしょうか・・・・




 Muovoとのコラボレーションもバッチリ!  絵になる男です 。 




Muovo @ "moi"

先週の3日から、クルタスクラーでたびたびお世話になっている吉祥寺の「moi」さんで「Muovo」を限定販売しています。

カラフルでナチュラルなMuovoですが、なかなか画像だけでは伝わらない色、大きさ、手触りを実際に見て、感じていただければと思いました。デザイナーの二人は穏やかで、ナチュラル。商品には、都会と自然の両面を持つヘルシンキの生活を愛する二人のキャラクターが感じられます。





小さいポーチはお出かけバッグの中に、大きいポーチは旅行バッグや、お部屋のまとまらない小物入れにし、ディスプレイしてもいい感じです(moiさんの棚にしっくりきています!)。キッチン・タオルはその名だけでなく、テーブル・センターなどのクロスとしても使うのもあり。是非この機会にMuovoに会いにきてください! クルタスクラーも販売しております!!

【期間】 18日(日)まで。

【moi】 http://moicafe.blog61.fc2.com/

| 1/1PAGES |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ADS











CATEGORIES

ARCHIVES