ノルウェーは「-sen」だった!:「はじめての」ノルウェー語

 昨日、ノルウェー夢ネット主催の
「ノルウェー語にトライ!〜日本人とノルウェー人による言葉の交流〜」
に行ってきました!

過去に2回、ほぼ同じ王道の「オスロ−ベルゲン」ルートを訪ねたことがある筆者でありますが、
典型の日本人用ツアーだったため、ノルウェーの人とあまり話す機会がなかった、
という残念な経験から、次回は是非一つでも言葉を覚えて使いたく、参加しました。
自分への復習を兼ねてブログにアップします。

場所はノルウェー  大使館!! 白木で開放感がある、快適な空間
椅子ももちろん長時間座っても痛くない
(ちゃんと見てこなかったのですが、ノルウェーの椅子ですよね??

お話は主催者代表の青木さんと、イケメンネイティブのフィリップさん。
まずもって驚いたのは、「Bokmål(ブークモール)」と「Nynorsk(ニーノシュク)」の2つの公用語があること。パスポートにも2語が表記。
しかも英語とウェールズ語などのようにはっきり違っているのではなく、
微妙に似ていて、人によってどっちを使うか違うらしい・・・・
(早くも挫折モード)。
これは歴史的背景によるもので、長い間統治していたデンマークも影響しているようです。
基本的には文語的なのがBokmålで口語的はNynorsk。
Bokmålは昔の知識人が使用していたデンマーク語にノルウェー語の要素が入っていて、Nynorskは昔から庶民が使っていたノルウェー語。
考えてみれば、日本の明治時代も公式文書や知識人は漢語を使い、
庶民は和語を使うのとちょっと似てますかね。

アルファベットを聞くとフランス語  っぽい響きのあるものも。
しかしながらどこの国も「R」の発音は日本人には難しい・・・・  。

文字の次は旅行者お役立ちフレーズ。
最低でも「こんにちは(Hei!)」と「ありがとう(Takk!)」だけはなんとか
キープできそうです(発音だけならデンマークでも使えるし!)。
フレーズは・・・・なかなか・・・・・

ちなみにノルウェー人はちょっとぶつかったくらいでは謝らないそうです。
青木さんが「なんで謝らないの?」と聞くと、
「なんで謝るの??」というフィリップさん。
じゃ、「すみません」は覚えておかなくていいですかね・・・・
(そうは言ってないっ!)。
ノルウェーに行ってぶつかられても、
相手に悪気はないことを覚えておかなくては(!?)。

 

Hvor er Fløibanen??

   
                   


文字、フレーズの説明後、ノルウェー語とはどんな感じなのか、
フィリップさんがノルウェーの絵本を  朗読してくれました。
言葉で表すのは難しいですが、個人的には美しいというよりはかわいい感じ。
言葉が飛び跳ねている印象でした。
フィンランド語も跳ねているのですが、「跳ね度(?)」が高い気がします。

気になっていた苗字の話もでました。
一番多いのは「Hansen」 − ノルウェーは「-sen」の国でした。
やはりデンマークの影響でしょうか。
ノルウェーも「sen」は「息子」という意味でした。

質問コーナーでは言葉というよりは文化的な方向に。
ノルウェーではまだ日本も中国も「みんなアジア」のようで、
そんなに関心がないようです
なのにお寿司はピザ並みに人気があるとか(えーっ??)。
その中でも来日するノルウェー人の関心はアニメ  が多いとか。
GACKTなどのビジュアル系も人気があるとはちょっと驚きですが、
最近話題になったYOHIOクンのことを考えると、納得もいきます

あっという間に時間がたった感じがしたセミナーでした。
興味深く、またノルウェーのイベント等があったら参加したいと思います。

Takk Norge! 



Diamond Jubilee: ロイヤル・パワー

先日エリザベス女王の在位60周年のお祝いがありましたね
10年前、英国におりまして、女王在位50周年の記念コンサートをグリーン・パークのスクリーンで見ていました。
ブライアン・メイがバッキンガム宮殿の上で
ギター弾いてました。

2002年も国中で大騒ぎ
「その日を休みにして3連休に!」、「休みにすると経済がさがる」など賛否両論ありながら結局休みにして、大半の人は楽しんでいたと思われます
女王のパレードのルートが発表されると、前日から徹夜組が・・・。
バッキンガム宮殿前の"王道"「モール(The Mall)」ではなんとおばちゃんたちが昼間から陣取り、明らかに徹夜のご様子
「おばちゃん」ならまだしもよく見ると「おばあちゃん」も!
Queenとなると、イギリスのお年寄りの気合の入り方が違うことを改めて知りました。結構女王の写真付きマグ・カップ持っているお年寄り結構います


※脇にそれますが、イギリスで毎年行うカレンダーのセールス・トップ10ではマンチェスター・ユナイテッドや、いまどきアイドルに混じって、常にクリフ・リチャードが上位に
濡れたTシャツ姿の、60歳をとうに越した、笑顔のクリフ・リチャードのカレンダーがいまだ根強い わたくしの在英時代で60代でしたから、今や70代。過去の若いエルビスの写真じゃなく、現在の「サー・クリフ」が人気なのです。彼もまだまだ健在ですが、彼を驚くべきUKのおばちゃんパワーが支えているのです。

さらに脇道にそれると、テニス好きの彼が大雨で大中断したウィンブルドンで歌を歌って、運の悪い観客を一気にラッキーな人々にした粋な計らいなんかもおばちゃま方の心を離さない理由の一つなのかもしれません。

2002年前半は王室の2人のメンバーが亡くなりました。
女王の妹、マーガレット王女と「クィーン・マム」ことエリザベス皇太后。
特にクィーン・マムがなくなった時は王室のお葬式を見ることができて、
貴重な経験ができたな、と思っています。
ダイアナ妃がなくなって以来王室の一番人気だっただけに、
その注目度もかなり高いものでした。
それだけにかなりの時間を使って報道されていましたが、
驚いたのは亡くなった彼女(棺)を一般公開したこと。
TV  で教会の中の様子を見ましたが、棺の四方を近衛兵が囲み、
一時は皇太后の4人の孫:チャールズ皇太子、アンドリュー、エドワード両王子、
デイビッド・リンリー子爵(マーガレット王女の子息)もその四方に立ちました。
英国民は列をなしてクィーン・マムにお別れを
しかしその列たるや、ひと駅ほどの長さ!!
深夜になっても列は絶えず、土曜日は、夜遊びしていた若者たちも並んでいたとか。
人気の高さが窺えました。  
 

                    

何かにつけて「英国に王室は必要か」と話題になっていますが、
王室は英国のシンボルでもあり、女王のために世界クラスのミュージシャンが集まるところ、大半の英国民の自慢でもあるような気がします。
王室公式Facebookなんかも開設して、
なんだかんだ言ってもまだまだ王室パワーは続きますね。

ところで記念コンサートはいつTVで見れますかね??


「Finn Juhl セミナー」

今年はデンマークの家具デザイナーFinn Juhlの生誕100年。
先週末、千代田区のインテリア・ショップ「ROGOBA」でのフィン・ユール"お宅訪問"セミナー、「極上の生活感!フィン・ユール邸の魅力を語る」に参加してきました!
建築家/写真家の吉村行雄氏が撮られた写真と動画でFinn Juhl邸についてお話しされました。

まずは写真の通り、とてもゆったりとした空間の中に北欧家具。
時間の流れも北欧な感じ

※ちなみにこちらは講演終了後の写真。講演中はいっぱいの人でした。
終了後も吉村氏のさらなるお話があり、本当はそのまま聞きたかったのですが、
またまた予定を入れてしまったため、その場を離れました


北欧家具に囲まれ、心地よい空間に
日ごろの疲れが出て何度か舟を漕いでしまったのですが
1日に日光がどのように入ってくるのかを動画で撮ったり、
様々な角度から各部屋をとらえられ、しかも写真も美しい。
建築家であり、写真家でもある吉村氏のならではの観点で、
素人では見過ごしそうな見方も見ることができ、
日本にいながらして現地に行った気分を味わわせていただきました

北欧だけに、シンプルで洗練された、自然光がたくさん入る憧れの素敵な邸宅。
2月に行ったFinn Juhl展で椅子に座ってきたので、
座り心地を思い出しながら優雅で至福な時間を過ごさせていただきました

只今韓国にて北欧デザインの紹介を兼ねたFinn Juhlの展示会が行われているそうです。吉村氏もかかわったもので、展示の仕方もわかりやすいとのこと。
今年はデンマークに行けそうにないから、せめて行けたら韓国に行こうか、
できたら行きたいです!!










"Swedish Time"

先週の土曜日、Kultasuklaaでお世話になっている「アクアビットジャパン」さんのミニ・イベントに参加してきました!

元アイス・バーのマネージャーだった方から  スウェーデンに関するお話を聞きました。アイス・バーにはいつか行きたいと、場所だけは確認していたのですが、昨年秋に閉店したそうですね。とても残念です () 。アイス・ホテルを中心にミニミニ・スウェーデン語講座もありで、スウェーデンもまた行きたくなりました

その後は北欧を「味見」。

「飲」は元マネージャーさんが作った、北欧のジャムを使った  カクテルは薄いパープルでかわいらしく、味もキャンディのように甘く、でもスッキリしたものでとてもおいしかったです  「食」は下記写真を見ていただきたいのですが、どれもおいしかったのです!特に珍しかったのが、プレートにのった小さい茶色いチーズ。キャラメルのように甘く、それでいてチーズのコクはあって、面白い味でした

また、試食しながら、他の参加者の方ともお話ができて、とてもいい時間を過ごすことができました。

※ちなみにKultasuklaaをはじめとする商品はアクアビットジャパンさんのオフィスで直接購入可能です(商品によっては購入できないものもあるかもしれないので、まずはアクアビットさんにご連絡を)! http://www.aquavitjapan.jp/




                   




A mini event was held on Saturday at Aquavit Japan which sells mainly Scandinavian foods including Kultasuklaa.

It was a small talk show and Scandinavian foods and drink tasting. The speaker was a former manager of Ice Bar Tokyo, where was closed last autumn (I didn't know that and it is a shame ().
He studied  Swedish then he traveled around Sweden. Hearing about Sweden was very interesting, Scandinavian foods tasting was very tasty  and cocktail using jam which he made was very good .

It was a warm atmosphere there and it was good to have been able to chat with other participants.





| 1/1PAGES |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ADS











CATEGORIES

ARCHIVES