トリの話

トリ年も残すところ1ヶ月になりました(早すぎる!!)。
自分は決して「トリ好き」ではないし、トリのことを良く知らないのに、
旅行に出るとやたらトリの写真を カメラ 撮っています。

特にヘルシンキは港があるので、鳥が多く、

今回も勝手に解釈していろいろな角度から撮ってしまいました。
近年、港がある町には攻撃的なカモメも増えていると聞きます。
カモメも「生活」のためだから仕方がないですが、

あのしっかりしたくちばしで攻撃されたら人間も結構な打撃です。
とは言うものの、小さい歩幅でちょこちょこ、ペタペタと歩く姿を

見ているとやはりかわいいです。

また、スズメもよく見ると日本とは違います。
日本のスズメは顔の周りが黒いのでちょっと濃いめの顔に見えますが、

北欧のスズメは全体的に色素が薄い感じで、スッキリ顔に見えます。
今回撮ったスズメはカフェ・スタンドにいたので、

食べ物があるのを熟知しているのか、とっても肥えておりました。

ちなみに弊社の現在のロゴはわかりにくいかもしれないですが、

ユリカモメであります。

 

鳥       鳥        鳥

 

黄昏るセグロカモメ

(幼鳥)。
 

 

うしろ姿に「哀愁」感じます。
若いのに・・・(?!)。

 

※この写真、結構近づいて撮りました。

ちょっと危機感少なめ??

 


カモメも見ている分

にはかわいいんです

けどねぇ・・・。

 

北欧のスズメ。

普通はもっとすっきりした

姿のはず・・・。

 

ロゴに使っているユリカモメ。
近くで見ると、羽につやがあって、とてもきれいな色をしていました。

 

※2009年4月撮影

 

ひよこ       ひよこ        ひよこ

 

余談ですが、筆者宅付近のスズメは微笑ましさを超えて、ある意味深刻です。
階下に住むネイバー(neighbor)がパンくずをあげているらしく、

食いしん坊のスズメはボールのように膨らんでいました。
そのせいか、たまに窓を開けると一斉に集まることがあります。
雨が降っているか手を伸ばしたら、餌を持っているのかと

近づいてきたスズメもいました。
ディズニーの「白雪姫」ごとく、(青い鳥ならぬスズメですが)寄ってきてくれると

結構嬉しかったりしますが、それでいいのか、と。
楽しさだけであげてはいけない、とネイバーも気づいてくれるのいいのですが

(ネイバーだけのせいではないとは思いますが)。
心配しながらもわが身も振り返り、気を付けていかねばと思う今日この頃です。

 

 

かなり危ないスズメ

たち・・・。

 

このうしろ姿は深刻です!!

 

■  A D s  ■

 

 

 

 


 【’17年夏の訪問シリーズ】Place de Bleu

今年8月、短期間ではありましたが、またまた北欧に赴き、何社か会社訪問をしてきましたので、これから数回にわたりつづってまいります。

まずは、新入荷したデンマークのPlace de Bleu社をご紹介。

作業場を見学させていただきました!

 


Place de Bleuのクッション「Samur」。
このデザインを見て取り扱いを決めました。

 

弊社ウェブサイトの「Brand Info」でもご紹介していますが、Place de Bleuはコペンハーゲンにある社会貢献を兼ねたユニークなデザイン会社。少数民族、社会的地位の低い移民女性たちの経済的自立を目的に、デンマークと女性達の文化をミックスしたデザインでインテリア商品を生産しています。

 



Place de Bleu 入口
ここだけでもおしゃれ感出ています。

 

 同社が位置するNørrebroは移民が多く住むエリアで、中心地とは全く異なり、エスニック感が漂っていて、まさにこの企業が地域と寄り添って活動していることがわかります。

同社の商品は全て少数民族、移民女性のスタッフがハンドメイドで生産。
スタッフの中にはもともと縫製のスキルのある人もいますが、中には全く経験もなく、デンマーク語も話せない人もいるそうです。そんな女性にも門戸を開き、雇用の機会を与えています。まずは小さいものからトレーニングしていき、6か月後に上達した人は正式に雇用されるという仕組みです。

 

デザイナー、エリザベスさん(左)と
プロダクション・マネジャー、製品開発責任者のニコルさん

 

 デンマーク人で、本業は建築デザイナーのエリザベスさんを中心に移民女性たちそれぞれの文化が混ざり合ったデザインを生み出しています。
商品は全てデンマークのテキスタイル・メーカー「Kvadrat」社の余剰生地のみで作られたもの。クオリティは保証されており、しかも環境に対する影響の低減にも貢献しています。自社商品を生産しながら、他社からの依頼も受けていて、IKEAの商品なども作っているそうです。

 

 一つ一つがハンドメイドのため、お値段はお高めですが、クオリティはお墨付きですし、長く使うために飽きのこないデザインになっていると思います。
商品タグには製作者のサインが入っており、作り手と買い手との距離が近く感じます。チャリティーや、ボランティアでなく、非営利とは言え、一企業として魅力的な商品を創りだしています。

販売にあたり、会社情報をいただいてとても有意義な企業であることは自分なりに理解してはいましたが、実際見学させていただいて、女性たちが自立するために様々な工夫や努力がなされていることを感じました。

 

「me、me、me!」とセミのような声が渦巻く今の世の中で、自国に住む立場の弱い移民女性を追い込むことなく、「デザイン」というデンマーク最強の「お家芸」を使って自立を助け、「資源の無駄」軽減に協力しながら、買い手の気持ちをも豊かにしている企業です。いろいろ難しいところではありますが、微力ながら自分も貢献できることはやっていきたいと、まずはブログにアップしました。まだご覧になってない方はぜひ一度見ていただきたいです。

 

デンマーク      デンマーク      デンマーク

 

作業場見学:
日差しもたくさん入る明るく広々した中で作業されています。

(この写真だとあまり明るく見えませんが汗
 
「Samur」のパターンが作業台に。


作業スケジュールなど、言葉がわからないスタッフのために

写真などを使ってできるだけわかりやすく表示されています。

 

キッチンもおしゃれ!
お勝手口からは様々な人たちから野菜などの差し入れもあるそうでニンジン





食堂兼休憩室にはスタッフが作ったキルトが。
幾何学的ですが、温かみがありますポット

 
Place de Bleuのショールーム。

「飲み物は水道水しかないんですけどいいですか?」
余分なものは置いてないそうです(ちょっとシビアな気も顔?!)
写真に撮らなかったのですが、きれいなピッチャーに
入っていた水は水道水でもおいしくいただけました。
デザインって気持ちを豊かにしてくれるんだな、と改めて感じました うっとり

 



こちらは最初に作る商品。乳母車などにつけます。


その後、針山(左)などを作り、トレーニングを積んでいきます。


こちらはPlace de Bleuの記念すべき最初の商品。
「Place de Bleu」はNørrebroにある、Blågårds Plads(青い家広場)から始まったことから名づけられたそうです。

ちなみに「Place de Bleu」自体は フランス フランス語です。

 

 ■ ADs ■

 

 

 


「北欧が好き!」イベント

 

去年の終りに出版された、ナシエさんのコミック・エッセイ「北欧が好き!」。
北欧愛に満ちた うっとり、北欧好きのツボをがっちり グー 押さえた 、可愛く、

しかも旅行に役に立つ 人差し指、ガイドブックとしての役割も十二分に兼ねたステキな本・・・。
・・・に早くも第2弾が出版されました 拍手拍手拍手
かなり好評だったことがうかがえます。

先日、その出版を記念した、著者・ナシエさんのトークショーに行ってきました。

2巻からのイラストと、各国で撮った写真なども交えたスライドで、

ナシエさんの特に思い入れのある場所なども紹介されました。
自分も行ったことのあるところがいくつかありましたが、行っていないところもたくさんあったので、またまた「行きたい キャー」心がフツフツ 鍋 とわいてきました。
北欧雑貨も扱われている小さな 猫 本屋さんでのトークショーは和やかな雰囲気であっという間に時間が過ぎました うっとり
最後にはナシエさんのイラスト付き、北欧のかわいいお土産をいただきましたきゃvネコ

 

 

店内ではイラストも展示されていました!

 

国旗     デンマーク     スウェーデン    ノルウェー

 

 1巻が観光、ショッピング中心に描かれていたのに対して、2巻は建築、

デザイン中心になってます。
1巻同様、絵がきれい 手
この本を見ちゃうと、「次の海外旅行は北欧ね!」ってなっちゃいます。
行ったことがある方は「そうそう きゃvネコ!」と共感でき、まだ行ったことがない方は本にある場所に実際行って「おぉー びっくり!」と、そこで共感できるのではないかと思います。

前作同様、お値段も大変良心的 財布。北欧旅行をお考えの方は必見です!

 

 

わかるなぁ、この気持ち・・・。

(本誌より)

 

 ■  A D  ■

 


 



 

 

 


 ポール・スミスの世界


 

先日、「Hello - My Name is Paul Smith」展に行きました。
学生から年配の方まで幅広い人々が訪れていました。
ポール・スミス氏のファンでなくても、デザイン好きなら楽しめる展覧会でした。
スミス氏の集めた写真の展示、1号店の再現、オフィス・作業場、初めてのショールーム

などなど、ディズニー・ランドのアトラクションのようなワクワクさがありました。

特に印象に残ったのは様々な製品とのコラボ!しかも北欧作品と!!
勉強不足でしたが、Arne Jacobsen のシリンダ・ラインや、

同じ「ポール」ケアホルム(Poul Kjærholm)の椅子を手がけていたんですね。
さらに調べてみると、ヤコブセンのエッグ・チェアやスワン・チェア、セブンチェア

もしていたようで、欲を言うと実物を見たかったな・・・・、と。
もともとのデザインはもちろん素晴らしいですが、スミス氏のちょっとしたタッチで

さらに新鮮さが加わります。
この展覧会でスミス氏の色使いのすばらしさを改めて感じました。

9月からは名古屋だそうで、どう感じるか、名古屋エリアの方は訪れてみてはいかがでしょうか。

正直申し上げますと、一瞬、規模の割にはちょっとお高いかなぁ… と思いましたが、

なんと可愛いシグネチャー・カラーのイヤホンもらえます!

そう考えると、かなりお得です キャー ハート

 

椅子     椅子     椅子

 

ところでこの展覧会はロンドンのDesign Museumで企画されたようで。
Design Museumはテムズ川沿いにある小さな美術館ですが、

あらゆるものをデザインの観点から展示するとても興味深い美術館です。
ロンドン滞在中に訪れ、日常で何気なく見ているあらゆるものがデザインされている

ということに気付かせてくれた美術館。

ここで北欧の椅子に出逢い、北欧好きになるきっかけをくれた、個人的にとても思い出深く、思い入れのある場所です。
こちらの美術館、小さい割に他の美術館に比べてお値段が高かったので、

頻繁に行くために思い切って1年間会員になりました。

デザインにとても興味がでたし、明らかにいつでもデザインに

触れられる美術館だったので、私にとっては会員になる価値が十分ありました。
大英博物館、ナショナル・ギャラリー(個人的にはこちらも外せない)もいいですが、

まだ行っていない方は「2度目のロンドン」ではデザイン・ミュージアムも忘れずに!?

 

 

 

取っ手に色を加えただけで新鮮さを増しています。
色の選び方も絶妙。
パステル・カラーは結構好きなので、この配色は超好印象です 手

 

 

 黒は黒で、またシックな印象!

 

 

 オリジナルと違ってポップな印象が。

 

 爽やかエビアンがさらに爽やかに 拍手  フタも捨てられない!
水の中でカラフルなリボンが舞っているような。
 

 

イギリスが誇る調味料、HPソース。
オリジナルのブルーのラベルをあえてソース色(?!)

のストライプにするところにセンスの良さを感じます。
箱に入っているからか、格調高く変わっていますが、

味は変わらないんですよね 横目

 

 

 ■  A D  ■

 

 

 

 

 

 

 


 北欧のアール・ヌーボー

先日、日本橋の三井記念美術館の「アール・ヌーボーの装飾磁器」展に行ってきました。アール・ヌーボーというとフランス作品の展覧会が多かったと思うのですが、今回はRoyal CopenhagenやRörstrandなど北欧の作品も多くあるということで見に行ってきました。


お目当ては眠り猫と白熊トレイ。
柔らかいグレー柄に、ピンと立った耳、滑らかなシェイプ。
後ろから見てもしっかり猫とわかる(当たり前ですが)可愛い作品でした。
一緒に展示されていた日本の作品と見ると、作品の良さがさらにわかりました(日本の作品には大変失礼ですが)。


白熊作品も熊とトレイのシンプルな作品ですが、真っ白な北極の世界を表現されていてとても印象的です。


アール・ヌーボーは昆虫モチーフが多くてあまり好きではないのですが、
今回は動物モチーフも多く、楽しめました。
Bing&Grondahlの鷺のセンターピースも優雅な装飾の中に豊かな羽をもった鷺をあしらった素晴らしい作品でした。

 

紅茶   ティーポット   紅茶   ティーポット

 

今回初めて三井記念美術館に行きました。
まずは専用のエレベーターにビックリ びっくり。とても重厚で豪華 拍手
昭和初期を思わせる施設内の扉やトイレなど、新旧の時代を融合したインテリア。
小さい美術館ですが、とても落ち着ける空間でした うっとり


地下から行ったので、あとから気づいたのですが、

同じビルに千疋屋の本店があるんですね 顔
なんと美術館の半券で5%の割引が効きます きゃvネコ
思い切って、おいしいメロンフルーツ・パフェマンゴーを食べてきましたオレンジバナナ!
他にもいろいろなところで利用できるみたいなので、
まずは美術鑑賞から始めたほうがよさそうですポイント

 

ネコ好きじゃなくてもとろける可愛さハート
(三井記念美術館ウェブサイトより)

 

 ■ A D ■

 

 

 

 

 

 


【Fin-Den旅2015】 Finn Juhl’s House

 

 
今回コペンハーゲンに言った目的の一つが、フィン・ユール(Finn Juhl )邸見学。世界的に有名なデニッシュ・デザイナーの一人で、2012年、生誕100年の年、フィン・ユールの「お宅訪問」セミナーに参加し、コペンハーゲンに再び行くときは必ず行こうグーと決めていました。

フィン・ユール邸はコペンハーゲンから電車とバスで1時間ほどで行けるOrdrupgaard(オードロップゴー)にありました。オードロップゴーには資産家が集めた美術品が収蔵されているギャラリーがあり、ハンマースホイ等のデンマーク絵画やモネ、ゴーギャンなどの印象派もたくさん収集していていました。


その中でも個人的に好きなシスリー、ピサロをたくさん収集していたのに嬉しい驚き 拍手。印象派の中でもあまり多くの作品を見ることができなかったので、自分にとってはボーナスでした 手

家      家      家
 
家はギャラリーから少し離れたところにありました。建築家でもある彼は家からカトラリー等小さいものまですべてデザインしたとか。
 

どこの部屋もステキでしたが、特に気に入った部屋をピック・アップします人差し指
邸宅に入るとまずこの空間がお出迎え。「ブルー・ラバー(?!)」な筆者はすでに虜に うっとり。またこの手前の椅子の名前は「Japan chair」! 日本をイメージしてのこの形なら日本人としてこの上なく誇らしいです。またこの青の配色がたまらない 手
 


 
玄関から左に曲がり、書斎へと向かうまでに通る部屋です。少し細長く、「通り道」的な印象を受けます。そこに暖炉があるのが筆者には新鮮でした。大きい窓からの日差しと白い壁が全体的にやさしい明るさと温かさを感じさせます。 ソファー「The Poet」もさることながら、暖炉のカバーが可愛かったハート。シンプルでソフトな印象を持たせるフォルムがたまりません。ソファーのバックにある女性の絵の黄色とブルーがシンプルな壁のアクセントになってます。
 
くつろぐ部屋はどこも光がたくさん入り、日中は人口の光は必要なし。庭には一面にまぶしく青い(緑の)芝生が敷き詰められ、ゆったりした時間が流れを感じました 。訪れたのは夏ですが、寒く暗い冬でも柔らかい明かりで暖かい雰囲気が容易に想像できました。

 


ギャラリーの入り口。
設計は先日急逝されたザハ・ハディド氏。
外観はシンプルですが、中は複雑(?!)クールなインテリアでした。
日本にも一つ欲しかった・・・・ポロリ
 
 ■ AD ■







「お母さんにやさしい国」について考える


先日Twitter、Facebookでつぶやかせていただきました「お母さんにやさしい国」1位はフィンランドでした。また上位3位はすべて北欧で占められていました。福祉が他の国よりも充実していることで知られているので、結果は納得です。
   
北欧ファンの端くれが言わずともご存知の方は多いと思いますが、この充実の裏には高い税金があります。旅行で行ったとき「たっかいなぁ〜。東京のほうがいいな。」と一瞬思いましたが、日々その中で生活している人がある程度納得されているのはそういう理由があります。また、男女平等率も高く、男性でも育休が取れる環境があるようです(もっとも日常的に家事は分担が当たり前の国々ですから。日本の今の状況で男性が育休取れてもどれだけ育児できる人がいるのか・・・)。

恐らくそういった制度が確立できたのは政治家の力ではなく、国民の力だろうと推測するのはその投票率。北欧諸国はこちらもトップを占めています(*)。あれだけ高い税金を払っているのだからどこにどれだけ使っているのか国民にわかるようになっているそうです。自分たちの生活をよりよくするために、それを実行できる人物を選ばなければ、という思いが強いのではないかと(横領しようものなら・・・ !!)。日本だと「1票入れたところで変わらない」のような考えか、何かと問題が深刻化している今でも投票率が低い。今の状況を変えるのは私たち国民の意識を変えなければならないと。もちろんすぐに変わることはできないけれど、できるところからしていかなければ。ということで、私たちがまずできることは投票すること(当たり前と言えば当たり前ですが)。過去に託したい候補者がいず、白紙で出したこともありましたが、やはり誰かに投票しなければいけないですね。とりあえず自分の意見として、「なってほしくない人に入れない」という表示はできる。安易に立候補しているはずはないですから、予想外で当選した場合も責任もってやっていただく。そうすればやたらに出馬する人も減って、本当に頑張りたい人が出てくるかも。

目指す「北欧諸国」への  道は遠い。でも私たちの意識が早く変われば、道は短くなっていきます。政治家や官僚が私たちの税金を使って「研修」に行ってどれだけの効果を発揮してくれるのか。私たちのために、私たちが選ばねば。「お母さんにやさしい国」で考えさせられました。

          

「お母さん」と言えば、Muovoのデザイナーお二人もママさんです。デザイナーさんは日本の一般的会社員とは少し状況が違いますが、子供を育てながら仕事されてます。日本でもできる環境が増えると、いろんな意味で日本全体も豊かになっていくような気がします。

*参照例





 

TDWでビッグ・サプライズ!!


毎年10月末から11月にかけて行われるデザインの大イベント、
「Tokyo Designers Week」。
悲しいかな、アーティスト・スキルはないもののCoolなデザインを見て豊かな気持ちになろうと、近年よく出かけております。今年は日曜日もいいお天気  でした。

企業、アーティスト、デザイナー、建築家、学生など、あらゆるデザインに関係人たちが創り出した商品、作品を見ることができます。ここに来るとほんと全てのものにデザインがあるんだな、と実感します。以前と比べると若干規模が小さい印象でしたが、ビッグなサプライズ、小さなサプライズありでとても満足感バッチリ  でした。
 

伊藤若冲をテーマに作られた森田恭通氏の作品。「あれ?意外と地味? 」かと思いきや世界の紙幣で作られていました。やっぱりある意味「派手やなぁ・・・ 」!!
 
こちらも若冲テーマでの作品。このシンプルさがとても印象的な作品


・・・とはいうものの自分の目に留まるのは家具や雑貨


 


なんとっ !
こちらは前にFacebookで見た木製のキーボード!
こんなとこれで実際に見れるとは・・・・。
思ったより小さく、薄い!!
たたかせてもらいましたが、とてもなめらかで軽やか。
しかし、木の種類で微妙にタッチ感も違う。
うぅ〜ん、こだわりのある逸品。


今回はあまり北欧ものが少ないなぁ・・・・なんて思いながら人をかき分け歩いていると、かっこいい椅子が目に飛び込んできました。
 

ブース壁にはアルネ・ヤコブセン  トビヤス・ヤコブセンの写真。
そこは「 フィヨルド」を取り扱っているシモンズ社のブースでした。椅子に座らせてもらってお話をさせてもらったら、トビヤスさんがいて、すぐ戻ってくるとのこと。
そりゃ、待たせていただきますっ! 」と思っていたら缶ビールを持ってご本人ご帰還。私がお邪魔した時は運よく他の人が来なかったので、お話も少しでき、 写真まで撮らせていただきました!
偉大なお爺さんを持ちながらご自身も様々な作品を手掛けているデザイナーなのに、とてもフレンドリー  カンゲキ
昨日はトークショーがあったそうで、それも見たかった感は強いのですが、担当の女性の方によると、「トークショーが終わって、今日はリラックス・モード」とのことで、昨日だったらゆっくりお話なんかできなかったのかも。
 

確かにリラックス・モードかも・・・・
でも、いい写真頂きました

やはり土曜日がピークで、音楽イベントがあったり(前はなかったような・・・)、
フリーのお土産がほぼ確実にもらえたり・・・・。
それに比べると日曜日はほぼ「終わった」感があったり、お土産がなくなってしまったりもするので、お得感が少ないのですが、「災い転じて福となる」。
ヤコブセン氏に会えたので、これだけで「来た甲斐あり!」でした。
 


いつもなら結構黄葉しているのに、今年は遅いようです。


| 1/1PAGES |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

ADS











CATEGORIES

ARCHIVES